【前髪の巻き方】コテとアイロンどっちを使う? 長さ・量・テイスト別に完全解説!

前髪のスタイリングに、コテ(カールアイロン)と
アイロン(ストレートアイロン)、どちらを使えば良いのか分からない…
伸びてきた・イメチェンしたいから前髪の印象を変えたいのに、うまく出来ない…

そんなお悩みありませんか?

今回は、元々の前髪の長さや量の多さの他
なりたい前髪別に、コテ・アイロンの使い方をそれぞれご紹介します☆

伸ばしかけ前髪のあつかいに悩んでいる方も、いつもと雰囲気の違う前髪に挑戦したみたい方も
ゼヒ参考にしてみて下さいね♡

◆前髪をスタイリングする前に! 覚えて欲しいコテとアイロンの部品の名前!
コテ(カールアイロン)やアイロン(ストレートアイロン)で、前髪スタイリングをする前に
これだけは覚えておきたい、コテ・アイロンの部品の名前をご紹介します★

~コテ(カールアイロン)のフリッパー~
フリッパーとは、髪の毛を挟んで滑り落ちにくくするための部品です!
前髪を巻くとき、このフリッパーの向きが重要になります。

~アイロン(ストレートアイロン)のプレート~
プレートとは、アイロンの熱が入る部品です。
こちらに前髪を挟んで、伸ばしたり巻いたりします!

◆目次

1:【コテで作る!】
平凡なぱっつん前髪も、すけ感+ふんわり感で今っぽ可愛い♡
元の前髪の長さ:★★☆☆☆ 眉が隠れるぐらい
前髪の厚さ(量):★★★☆☆ 普通
おでこ見せ度:★★★☆☆ 軽めに見せたい
2:【コテで作る!】
定番のななめバングは、丸みと流し方で可愛いを演出♡
元の前髪の長さ:★★★★☆ 目にかかるぐらい・伸ばし中
前髪の厚さ(量):★★★★☆ 重たい・すけ感ほぼナシ
おでこ見せ度:★★☆☆☆ 分け目のみ見せたい
3:【コテで作る!】
すけ感アリのななめバングでキレイを叶える!
元の前髪の長さ:★★★★☆ 目にかかるぐらい
前髪の厚さ(量):★★☆☆☆ スキマあり・軽め
おでこ見せ度:★★★★☆ すけ感多めで大人っぽく
4:【アイロンで作る!】
眉ラインの前髪で、愛され感もキレイも手に入れる☆
元の前髪の長さ:★★★★☆ 目にかかるぐらい
前髪の厚さ(量):★★★★☆ 重たい・すけ感ほぼナシ
おでこ見せ度:★★☆☆☆ 分け目のみ見せたい
5:【アイロンで作る!】
眉上バングで、個性と魅力を可愛く強調♡
元の前髪の長さ:★☆☆☆☆ 眉より上!
前髪の厚さ(量):★★★☆☆ 普通
おでこ見せ度:★★★☆☆ オン眉だけど分け目のみ見せたい
6:【アイロンで作る!】
キレイで良い女感を演出! センター分け
元の前髪の長さ:★★★★★ 鼻あたり~あご下まで
前髪の厚さ(量):★★☆☆☆ レイヤーで動きを出しやすく
おでこ見せ度:★★★★★ すっきりセンター分け!

1:【コテで作る!】平凡なぱっつん前髪も、すけ感アリで今っぽ可愛い♡

☆前髪スタイリング前
・元の前髪の長さ:眉ラインのぱっつんヘア
・前髪の厚さ(量):レイヤーや、すけ感は少なめ
・ぱっつんでも軽めに見せたい方にオススメの、前髪スタイリングです☆

①ヘアブラシで前髪を整えたあと、利手とは逆の手で、毛束を取ります。
このときの毛束の幅は「黒目の外側」を目安にしましょう☆
これより幅広く取ってしまうと、コテ(カールアイロン)で挟みにくくなってしまいます!

②毛束を持ったままコテ(カールアイロン)を利手に持ち、フリッパーに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。

フリッパー位置は、ななめ上からスタートしましょう!

前髪の長さが眉ラインのため、フリッパー位置を真上からスタートすると
しっかりとカールつき過ぎ、眉が見えてチグハグな印象になる恐れも…

③フリッパーに毛束を挟んだ後は、すばやく利手と逆の手でクールチップをつかみましょう。
毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ(カールアイロン)を安定させる事が出来ます!

④おでこにコテ(カールアイロン)が当たらないように気を付けながら
おでことコテの間に丸みを持たせつつ、コテを下ろしていきます。

フリッパーを、徐々に前へ向かせるイメージです☆

⑤巻き終わりは、フリッパーが真下を向きます。

☆巻き終わり
ぱっつんをそのまま伸ばすよりも、ふんわり感が出ました♡

巻き終えた後は、毛束があたたかい内にほぐします。

☆完成
束感を出したい場合は、ヘアオイルやワックスを少なめに手のひらに取り
指でつまむようにスタイリングして下さいね♡

★動画を見ながら練習してみる!

★前髪スタイリングで使用したコテはこちら★
エレメアカール

「プレミアムクレイツイオン配合で、潤いを残しながらツヤ感スタイリングが叶います♡」

2:【コテで作る!】定番のななめバングは、丸みと流し方で可愛いを演出♡

☆前髪スタイリング前
・元の前髪の長さ:そのまま下ろすと目にかかるほど
・前髪の厚さ(量):重さしっかり、すけ感ほぼナシ
・伸ばしかけの前髪に困っている方に、ゼヒ試していただきたい前髪スタイリングです☆

①長さも重さもしっかりあるので、おでこ側と外側に分けて、コテ(カールアイロン)で巻いていきます。
ヘアクリップなどを使い、しっかりブロッキングしていきましょう!

めんどくさがってブロッキングを怠ると、うまく熱が伝わらず何度もやり直したり
  温度ムラによって、仕上がりが悪くなる事があります。

巻きたい前髪の半分ほどの量を、サイドか頭頂部にヘアクリップで固定します。

②ブロッキングせずに残した前髪を、利手とは逆の手で掴みます。
毛束を持ったままコテ(カールアイロン)を利手に持ち、フリッパーに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。

フリッパー位置は、真上からスタート!
重さがしっかりあるため、強めにカールを付ける必要があります。

③フリッパーに毛束を挟んだ後は、すばやく利手と逆の手でクールチップをつかみましょう。
毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ(カールアイロン)を安定させる事が出来ます!

④おでこにコテ(カールアイロン)が当たらないように気を付けながら
おでことコテの間に丸みを持たせつつ、コテを下ろしていきます。

フリッパーを、徐々に前へ向かせるイメージです☆

⑤毛先まで近づいたら、ななめバングですので分け目とは逆の方向へ流していきます。
フリッパーを少しずつ下へ向かせながら、コテ(カールアイロン)全体をスライドさせ、毛束を抜き取りましょう。

⑥おでこ側の前髪を巻き終えたら、続いて外側の前髪です。
ブロッキングを外しましょう。

⑦ ②~⑤の流れを繰り返します☆

☆巻き終わり
しっかりカールが出ました!

巻き終えた後は、毛束があたたかい内にほぐします。

☆完成
束感を出したい場合は、手ぐしでざっくりと整える
まとまり感が欲しい場合は、ヘアブラシを通してもOKです♡

★動画を見ながら練習してみる!

★こちらの前髪スタイリングで使用したコテ・ヘアクリップはこちら★

カールプロ SR

「美容師さんに愛されるロングセラー製品!長さがある髪も、重さがある髪も、しっかりスタイリング☆」

パーフェクトフィット

「クリップ跡がつきにくいから、お風呂でも・メイクでも・コテを使うときでも、いつだって使いたい♡」

3:【コテで作る!】すけ感アリのななめバングでキレイを叶える!

☆前髪スタイリング前
・元の前髪の長さ:そのまま下ろすと目が隠れるほど
・前髪の厚さ(量):レイヤーあり、薄め・軽め
・ほど良いすけ感に、こなれた感もただよう、キレイめ前髪スタイリングです☆

①長さはありますが、前髪の量が少ないため、ブロッキングは特別必要ありません。
利手とは逆の手で、毛束を取ります。

②毛束を持ったままコテ(カールアイロン)を利手に持ち、フリッパーに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。

フリッパー位置は、ななめ上からスタートを目安に!
前髪の量が少ないため、強めのカールではなく
毛先にカールを出す程度にとどめる方が、こなれ感が出ます。

③フリッパーに毛束を挟んだ後は、すばやく利手と逆の手でクールチップをつかみましょう。
毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ(カールアイロン)を安定させる事が出来ます!

④おでこにコテ(カールアイロン)が当たらないように気を付けながら
フリッパーを、スルスルと下へ向かせつつ、前髪を毛先まで巻き込んでしまいましょう。

⑤毛先まで巻き込み終えたら、分け目とは逆の方向へ流していきます。
コテ(カールアイロン)全体をスライドさせ、フリッパーから毛束を抜き取るようなイメージで外しましょう。

☆巻き終わり
毛先のみを巻くことで
量の少ない前髪でも、カールのやり過ぎ感が出ていませんね☆

⑥巻き終えた後は、毛束があたたかい内にほぐします。
流した方向の隙間をぼかすように馴染ませると、自然な仕上がりになりますよ♡

☆完成
ななめに分けるよりもずっと可愛く
また、すけ感があることでキレイさも感じるななめバングに仕上がります!

巻くときにコテ(カールアイロン)が通しにくい方は、毛束を左右2つに分けて巻いてあげましょう!

★動画を見ながら練習してみる!

★こちらの前髪スタイリングで使用したコテはこちら★
エレメアカール

「プレミアムクレイツイオン配合で、潤いを残しながらツヤ感スタイリングが叶います♡」

4:【アイロンで作る!】眉ラインの前髪で、愛され感もキレイも手に入れる☆

・元の前髪の長さ:目にかかるぐらいの長さ
・前髪の厚さ(量):重ため・分け目はあるが、すけ感ほぼナシ
・いつもと印象を変えたい方・伸ばしかけの前髪に困っている方など
要望やお悩みを解決できる前髪スタイリングです☆

①重さ・量がしっかりあるため、3回に分けてアイロン(ストレートアイロン)を通していきます。
癖が強い髪の方は、ブロッキングをオススメします!

スタートは、まん中の毛束から!

②毛束を持ったままアイロン(ストレートアイロン)を利手に持ち、プレートに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう!

③分け目と逆の方向へ、アイロン(ストレートアイロン)をスライドさせていきます。
アイロンをしっかり動かしたい場合は、先端部分をつまんでもOKです!

④毛先まで近づいたら、アルファベットの「J」を書くように
アイロン(ストレートアイロン)を内側へ回転させましょう!

アイロンをおでこに密着させるより、視界に入るぐらいまで離した方が
巻き込みやすいです。

⑤ ②~④を、端の毛束にも繰り返します。

⑥分け目側の毛束は、アイロン(ストレートアイロン)を立てて
外側へ流します!

毛束を持ったままアイロンを利手に持ち、プレートに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう!

⑦毛先まで近づいたら、今度はアルファベットのJでは無く
ひらがなの「し」を書くように、アイロン(ストレートアイロン)を外側へひねりましょう!

☆巻き終わり
3回に分けてアイロン(ストレートアイロン)に通すことで
カンタンに丸みを出すと同時に、毛流れも整いました♡

☆完成
束感を出したい場合は、手ぐしでざっくりと整える
まとまり感が欲しい場合は、ヘアブラシを通して下さいね♡

★動画を見ながら練習してみる!

★こちらの前髪スタイリングで使用したアイロンはこちら★
ハイブリッドストレート

「クッション性があるプレートだから、まっすぐになり過ぎない、自然な仕上がり♡」

5:【アイロンで作る!】眉上バングで、個性と魅力を可愛く強調♡

☆前髪スタイリング前
・元の前髪の長さ:眉上ザクザク気味
・前髪の厚さ(量):普通
・オン眉前髪でもまとまりが欲しい・分け目を作ってイメチェンしたい方が
取り組みやすい前髪スタイリングです☆

①前髪の量が普通で、短めの前髪のため、
2回・3回に分けて、アイロン(ストレートアイロン)を通す必要はありません☆

分け目を決めて、利手とは逆の手で毛束を取りましょう。

②毛束を持ったままアイロン(ストレートアイロン)を利手に持ち、プレートに毛束を挟んでいきます。
指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう!

③前髪が短い分、毛束が逃げやすいです!
しっかりとプレートで挟むために、必ず先端部分をつまみましょう!

毛束を引っ張りながら、アイロン(ストレートアイロン)を下ろしていきます。

④毛先付近までアイロン(ストレートアイロン)が近づいたら
分け目と逆の方向へ、アイロンをスライドさせていきます。
この時、アイロンを内側へ回転させましょう!

内側へ回転させることで、まっすぐ過ぎない自然な前髪を作る事が出来ます☆

☆巻き終わり
引っ張って伸ばすだけではなく、毛先に丸みを出すことで
やわらかい質感の前髪が出来上がりました♡

☆完成
アイロン(ストレートアイロン)を1度通すだけで出来上がりますので
コツを覚えればカンタンに仕上げることが出来ます!

★動画を見ながら練習してみる!

★こちらの前髪スタイリングで使用したアイロンはこちら★
クラインストレート

「コンパクトで小回りがきく!眉上バングでもしっかり挟める!」

6:【アイロンで作る!】キレイで良い女感を演出! センター分け

☆前髪スタイリング前
・元の前髪の長さ:鼻あたり~あご下まで
・前髪の厚さ(量):レイヤーありで動かしやすく
・いつものセンター分けに軽やかな動きが加わり、印象アップを叶える前髪スタイリングです☆

①前髪は長くても、量は少なめのため、ブロッキングは不要と思います。
サイド・バックの髪が気になる方は、そちらをブロッキングしても良いかと思います☆

②利手とは逆の手で前髪を取ったら、根元から5cm~7cm離れた場所から
アイロン(ストレートアイロン)を挟みましょう。
根元から挟まないのは、センターの分け目がぺたんこになってしまう理由からです。

③分け目と逆の方向、耳の方へ向かってアイロン(ストレートアイロン)をスライドさせていきます。
アイロンをしっかり固定したい場合は、先端部分をつまんでもOKです!

④根元から5cm~7cm離れた場所を通り過ぎたら
たるんでしまいがちな根元付近を、利手とは逆の手でサポートしてあげましょう!

センターの分け目がぺたんこになってしまうのを防ぐと共に
毛束を固定して、毛先を巻きやすくすることも出来ます☆

⑤毛先から5cmほどまでアイロン(ストレートアイロン)をスライドさせたら
動きを出す為に、内側へ巻き込みます。

アイロンに、毛先を巻き付けるイメージで、回転させましょう!

⑥ ②~⑤を、反対側の前髪にも繰り返します。

☆巻き終わり
毛先に動きを出すことで、スタンダードなセンター分けも新しい印象に♡

☆完成
毛先にさらに動きを出したい場合は、ワックスやヘアスプレーを少なめにつけて
スタイリングして下さいね♡

★動画を見ながら練習してみる!

★こちらの前髪スタイリングで使用したアイロンはこちら★
エスペシャルストレートII

「特殊ラバーつきだから、しっかり伸ばせて、毛先も逃がさずキャッチ♡」

【関連コラムのご紹介】

超入門 カールアイロン徹底レクチャー

顔まわりの外巻きカールで浮遊感を与えた愛されフェミニンスタイル

ピュアな女性像を演出するツヤ感アップのJカールミディアム

ストレートアイロンで作るソフトニュアンスのストレートカール