忙しい朝にひと工夫!寝癖を直す方法

前の晩にしっかりとブローしたつもりだったのに、朝起きたら髪に寝癖がくっきり……。食事やメイク、家の片付けなど、朝はなにかとやることが多くて忙しいから、寝癖直しで時間を取られてしまうことは避けたいものです。そこで今回は、ちょっとした工夫で簡単に寝癖を直すことができる、おすすめの方法を詳しくご紹介していきます。

寝癖が付いてしまう原因

朝起きると寝癖がついていて、おでかけ前のスタイリングに時間がかかってしまった!という経験はありませんか? そもそも、髪の寝癖はなぜついてしまうのでしょうか。寝癖を引き起こす一番の原因は「髪の水分」。私たちの髪の内部には常に水分が保たれていますが、この水分が多すぎる状態で眠ってしまうと、髪が「水素結合」によってくっついてしまい、寝癖がついてしまうのです。「水素結合」と言うのは簡単に言うと、水分が乾く際に固まる(結合する)こと。つまり、夜髪を洗った後にしっかりと乾かさずに寝てしまうと、濡れている状態から乾いていく間に水素結合が起きて、枕などに押さえつけられている部分に寝癖が起きてしまうのです。

寝癖を直す方法

一度付いてしまった頑固な寝癖は、ブラッシングだけではなかなか元に戻せないものです。では、どのようにして寝癖を直したら良いのでしょうか。忙しい朝でも簡単にできる寝癖直しの方法を詳しく見ていきましょう。

蒸しタオルを当てる

水に濡らして軽く絞ったタオルをレンジで1分間ほど温めたら、それを寝癖の部分にのせます。そのまま朝食を食べたり、メイクをしたりすれば時短にもなるでしょう。暖かいタオルをあてて水素結合を解く狙いがあります。時間がある場合には、お湯を寝癖部分に揉み込んで髪の根元をしっかりと濡らす方法もおすすめ。

髪の根元を乾かす

髪が十分に湿ったら、今度は乾いたタオルやドライヤーを使って髪を乾かします。この時、
乾いた部分と濡れている部分がまばらだと、そこから癖になってしまいます。均等に乾くように工夫しましょう。

間違った寝癖直し

寝癖直しのために良かれと思ってやっていたことが、実は髪にとってダメージの原因となってしまっていたこともあるかもしれません。あなたがやっているかもしれない間違った寝癖直しの方法を具体的に見ていきましょう。

ドライヤーで同じ箇所に熱を当て続ける

なかなか寝癖が直らないからといって、湿らせた髪をブロー用のブラシで引っ張りながら、ドライヤーで同じ部分に熱を当て続けてしまっていませんか? 髪に高熱が加わってしまうと、キューティクルがはがれて髪がダメージを受けてしまうため注意が必要です。ドライヤーで寝癖を直す場合には、髪に熱を与え過ぎないように、ある程度距離をおいて風を当てたり、ドライヤーを小刻みに揺らしながら、熱を分散させるようにしましょう。

ヘアアイロンで無理やり直す

ストレート用のヘアアイロンなどで寝癖を無理やり直す方法も、髪にとっては大きな負担となってしまいます。寝癖を直す場合には、一旦お湯や蒸しタオル等で髪を湿らせた後、根元から均等にドライヤーで乾かしてから、ヘアアイロンを使いましょう。

寝癖直しのポイントは、「髪の根元を濡らして、しっかり均等に乾かす」こと。上記の内容を参考にして、忙しい朝の寝癖直しをパパっと終わらせましょう。

髪に優しい、寝癖なおしヘアアイロンはこちら