寝る前に出来る!知っておきたい寝ぐせの予防方法・対策方法とは?


朝は、メイクや朝食 服を選んだりと、とにかく大忙し!
1分1秒が貴重だというのに、ひどい寝ぐせで 毎朝手間取っている方 少なくないかと思います。

今回は、寝ぐせが出来てしまう原因を解説すると共に、寝る前に出来る寝ぐせの予防方法・対策方法についてご紹介して参ります!

・・・・・

◆目次◆

1.そもそも…寝ぐせの原因とは?
2.寝る前の寝ぐせ予防・対策①しっかり乾かす+ブラッシング!
3.寝る前の寝ぐせ予防・対策②ゆったり結ぶ!
4.寝る前の寝ぐせ予防・対策③三つ編み・カーラー巻きでアレンジの下地に!

・・・・・

1.そもそも…寝ぐせの原因とは?


寝ぐせの原因としてありがちなものとして、「髪が乾ききっていない」「寝返りによる枕との擦れ」「寝ている間にかく寝汗」の3つが考えられます。

実はこの3つの原因、全て髪内部の「水素結合」という性質が関わっているんです!

この「水素結合」ですが、髪が濡れている・湿っているときは結びつきが切れており、「もうちょっとで髪が乾く」といった時に、固定され始めます。

そのため 湿った髪のまま寝てしまうと、寝ている間に乾き、あちこちハネた寝ぐせとなってしまいます。
加えて、枕との擦れで さらにひどい寝ぐせをつけることに…。

また、地肌にかく寝汗によって 髪が湿気を吸い、根元のクセが戻り寝ぐせとなって現れることも。


つまり、ドライヤーでの乾かし方や、就寝時の空調の設定で 寝ぐせの付き具合が変わってくるといっても過言ではありません!

・・・・・

2.寝る前の寝ぐせ予防・対策①しっかり乾かす+ブラッシング!


お風呂から上がると、すっかりリラックスモードになり ドライヤーもそこそこに寝ちゃっている方、いませんか?

髪の毛は、濡れている時が一番デリケートです。
濡れ髪・湿り髪のまま寝ると、ひどい寝ぐせを生み出すばかりか 髪をいじめることに!
それに加え、頭部の水気が枕に移ることで 雑菌の繁殖なども心配されます。


濡れ髪・湿り髪での就寝は避け、入浴後は十分に髪を乾かしましょう!
仕上げに、ドライヤーのクールモードで地肌を冷やすことで、熱っぽさによる発汗も抑えることが期待できますよ♡

また、乾かし終えたらしっかりとブラッシングすることで 毛先のもつれや絡まりによる寝ぐせを防ぐ事が出来ます!

◆ヘアブラシ一覧はこちら!!◆
https://createion.jp/productcategory/brush

・・・・・

3.寝る前の寝ぐせ予防・対策②ゆったり結ぶ!


寝ている間に向きを変える、寝返り。
平均すると、一晩の間に10回は寝返りをうっているとも言われています。

ミディアムヘアより長い髪の場合、寝返りと共に 髪が顔の下敷きになったり お布団に挟まったりして、翌朝にはガンコな寝ぐせになっていることも…。

そんな時にオススメしたいのが、髪をゆったり結んで寝ることです!


結び跡の付きにくいヘアゴムやシュシュで、髪をゆったりと束ねることで 毛先の暴れを減らすことが叶います!
また、寝具との擦れが減ることで髪のダメージを抑える効果も期待できます♪
さらに 結ぶ位置も、根元から3~5cm離して束ねることで 結び癖が残りにくくなりますよ♡

結べない長さの髪で ハネる寝ぐせにお悩みの場合は、ナイトキャップを被るのも手です☆

・・・・・

4.寝る前の寝ぐせ予防・対策③三つ編み・カーラー巻きでアレンジの下地に!


一般的に、人は寝ている間だけでもコップ1杯ほどの汗をかく と言われています。

身体からの発汗だけで無く、髪が生えている地肌も汗をかくため もともと髪のクセが強い方の場合は 寝汗による寝ぐせに悩まされることもしばしば…。

そんな時は、寝る前にあえて三つ編み・カーラー巻きをして 翌朝のヘアアレンジに活かすのもアリです!

ドライヤー直後の髪をゆるく三つ編みにすることで、翌朝は柔らかなウェーブ巻きに。
毎朝毛先のハネが気になる場合は、毛先をマジックカーラーなどで巻いておくと寝起きでも自然な内巻きをキープすることが叶いますよ!

・・・・・

今夜から出来る、寝ぐせの予防方法・対策方法をご紹介して参りました。

出来てしまった寝ぐせを直す方法については、別のコラムにてご紹介しておりますので そちらもゼヒご覧下さい!

おやすみ前のひと工夫で、寝ぐせに悩まされる朝を少しでも減らせることが出来れば幸いです♪

【関連コラムのご紹介】


忙しい朝、寝ぐせを時短で直すには?寝ぐせのタイプ別にご紹介!


【美髪への第一歩】ドライヤーの正しい使い方・傷みにくい乾かし方


理想のさらツヤ髪に!ストレートアイロンの使い方【完全マニュアル】


超入門 カールアイロン徹底レクチャー


【前髪の巻き方】コテとアイロンどっちを使う? 長さ・量・テイスト別に完全解説!