寝る前にしておく寝癖予防策

忙しい朝に限って髪に寝癖がくっきり! そんな経験はありませんか? 一旦寝癖がついてしまうと、ブラッシングだけではなかなか直せません。寝癖直しで貴重な朝時間をロスしないためには、前日の寝癖対策は不可欠です。そこで今回は、寝癖を予防するために前日の夜にしておくべきポイントを詳しくご紹介していきます。

寝癖の原因

1分1秒も無駄にできない忙しい朝の大敵、寝癖。食事やメイク、家の片付けなどやることがいっぱいあるのに、寝癖を直すことに時間が取られてしまうのはなんとしても避けたいもの。そもそも、どうして寝癖が付いてしまうのでしょうか。寝癖の予防法を知る前に、まず寝癖の原因について正しく理解しておくことが大切です。ここで鍵になるのが、「水素結合」という言葉。水素結合というのは、水分が乾く際に固まることを意味します。シャンプー後に濡れたままの髪で眠ると寝癖がついてしまうのは、髪の内部で水素結合が起こっているからなのです。また、水素結合は水や熱が加わることによってその結合が切れる特徴もあります。くっきり付いた寝癖が髪を濡らすことで元に戻るのはこのためです。

寝癖の予防法1/髪を乾かして寝る

寝癖を予防するためには、何よりも髪に水素結合を起こさせないことが大切です。そのための最も簡単で効果的な方法が、髪をしっかりと乾かしてから寝るということ。髪の水素結合は、濡れた状態から乾く間に起きるわけですから、就寝前に髪をしっかりと乾かして余分な水分を取り除いておくことで防ぐことがでるのです。では、実際にどのような方法で髪を乾かせば良いのでしょうか。具体的な方法を見ていきましょう。

タオルドライ

髪を乾かす際に不可欠なドライヤーですが、ダメージのことを考えると髪に熱を当てる時間はできるだけ少なくしたいもの。そのためには、ドライヤーを使う前にまずしっかりとタオルを使って髪全体の余分な水分を取り除くことが大切です。ただし、タオルを使ってゴシゴシとこすってしまうのは、切れ毛などの原因にもなってしまうことも。大きめのタオルを使って両手で髪を挟むようにして、水分を吸わせていくのがポイントです。

ドライヤー温風

タオルドライが完了したら、次はドライヤーの温風を使って髪を乾かしていきましょう。この際、ドライヤーを髪に近づけすぎると髪や地肌の負担になってしまいます。温風を使ったドライヤーでは、頭頂部の高いところから髪に風を当てていきましょう。その際、髪の根元を揉み込むようにしながら、しっかりと乾かすことが大切です。

ドライヤー冷風

温風で髪がしっかりと乾いたら、仕上げにドライヤーで冷風を当てるのを忘れずに。これは、髪と地肌を冷やすことで、髪のキューティクルを閉じ、地肌の汗をしっかりと引かせることが目的です。

寝癖の予防法2/ブラッシングして寝る

私たちの髪の表層部にはキューティクルを守るための天然の保護膜と言われる「18-MEA(メチルエイコサン酸)」という脂肪酸が存在していて、髪の艶を保ったり、髪同士が絡み合うのを防いだりしています。就寝前のブラッシングをすることで、18-MEAを髪全体に行き渡らせ、寝癖の原因のひとつでもある髪の絡まりや静電気を抑制することができるのです。

寝癖予防に効果的なおやすみ前のブラッシング。クレイツでは豊富な種類のヘアブラシを取り扱っています。

ヘアブラシ一覧はこちら