押さえておけば迷わない!ヘアアイロンのタイプと選び方

忙しい朝の寝癖直しや、髪にボリュームを出したいとき、手軽にイメージチェンジをしたいときなどに大活躍のヘアアイロンは、おしゃれな女子のマストアイテム。ですが、その種類はいくつかあり、初めて購入する方はまずどれを購入していいか悩んでしまうものです。そこで今回は、ヘアアイロンビギナーのために、ヘアアイロンのタイプとその特徴をご紹介しながら、選び方のポイントを詳しく解説していきます!

ヘアアイロンのタイプ

くせ毛をサラサラのストレートヘアにしたり、巻き髪でイメージチェンジをしたり、さまざまな場面で役立つヘアアイロンは、おしゃれに敏感な女性ならぜひ持っていたいアイテムのひとつです。自分にぴったりのヘアアイロンを選ぶためにも、まずはそれぞれの特徴をしっかりと押さえておきましょう! ヘアアイロンのタイプは大きく分けて以下の4つです。

ストレートアイロン

くせ毛や寝癖などで髪がうねっている状態のときに使用するタイプで、その名の通り、主に髪をサラサラのストレートヘアにするために使われるヘアアイロンです。ストレートアイロンのなかには、ストレートヘア専用のものもあれば、巻き髪が作れるタイプのものもあります。

カールアイロン

毛先をカールさせたり、巻き髪を作ったりするためのヘアアイロンです。先端パイプ部分が円柱になっているのが特徴です。一般的なカールアイロンは太さが何種類かあるものが多く、髪の長さや作りたいカールの大きさなどによって太さを選びます。

2way型

その名の通り、ストレートアイロンとカールアイロン両方の機能を持ったヘアアイロンのことです。ストレートヘアと巻き髪の両方を楽しみたい方におすすめです。

ブラシ型アイロン

ヘアアイロンのなかでもビギナーにおすすめなのがコレ。カールアイロンなど先端発熱部分が表面に露出していているタイプは火傷の危険性がありますが、ブラシ型アイロンならその心配はありません。ブラシでスタイリングをするのと同じ感覚で手軽に使うことができるのが魅力です。

使い勝手に合わせたヘアアイロンの選び方

では、実際にヘアアイロンを選ぶ際には、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。主なポイントは、以下の3つです。

設定可能な温度を確認する

ヘアアイロンを選ぶ際に特に注目したいのが、温度設定範囲です。髪質が固い方、柔らかい方、また健康な髪質なのか、ダメージをうけているのかによって、最適な温度設定は異なるので、自分の髪質に合った温度設定が必要です。そのため希望の温度設定が可能かどうかをあらかじめ確認しておきましょう。アイロン操作に慣れてきた場合は、高温設定でなるべく短時間にてスタイリングする方が、髪の傷みは最小限に抑えられますので、最高温度は180℃~200℃設定が可能なタイプを選ぶと無難です。また、安定した温度でムラなくスタイリングをするためには、熱伝導性の良いものを選ぶことも大切です。

プレート・パイプのサイズで選ぶ

プレート・パイプのサイズは髪の長さや用途によっても最適なものが異なります。例えば、短い髪や前髪を整える場合には細いプレート・パイプを、長い髪や大きめのカールをつけたいときには太いプレート・パイプを選ぶようにしましょう。

用途に合う諸機能

ヘアアイロンを選ぶ際には、自分のライフスタイルや用途に合った機能も考えて選びましょう。例えば、外出先でも手軽に髪を直したいという方は持ち運びしやすいコンパクトタイプがおすすめです。また旅行先でも使えるように海外の電圧に耐えられるタイプなど。様々な製品が販売されているので機能面でも比較してみましょう。

ヘアアイロンの性能を左右する要素とは?

ヘアアイロンを選ぶ際には、性能の良さはぜひ注目しておきたいポイントのひとつです。では、実際にヘアアイロンの性能はどういった部分によって決まるのでしょうか。最も大きな要素のひとつとしては、「プレート・パイプの素材や加工技術」です。プレート・パイプは髪に直接当たる部分ですから、その素材によっては熱の伝わり方や、髪へのダメージが大きく変わってくるのです。チタンやセラミックといった材質のものは、髪の滑りがよく、熱伝導も良いため、髪のダメージを抑えながらスタイリングができます。ダメージが気になる方、さらにはスタイリングのもちが気になる方がいれば、ワンランク上の材質の製品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

クレイツではクレイツイオン®の独自特殊技術を駆使した製品を取り扱っています。詳しくは製品紹介のページをぜひご覧ください。