スタイリングがしやすくなるドライヤーの正しい使い方

毎朝のスタイリングに欠かせないドライヤーですが、普段何気なく使っている方法を少し変えるだけで、ぐっとスタイリングがしやすくなるのをご存知ですか? 今回は、シャンプー後の濡れた髪を乾かす際のポイントから、スタイリング時の風の当て方まで、ドライヤーの正しい使い方を詳しくご紹介していきます。

ドライヤーの正しい使い方

髪を洗った後やスタイリング時など、毎日のヘアケアに欠かせないドライヤー。普段は細かなことを気にせずに適当に乾かしている方も多いのでは? ドライヤーは使い方に少し気を配るだけで、乾いた後の髪の状態が随分と変わってきます。手順を踏んだ正しいドライヤーの使い方を一度おさらいしてみましょう。

タオルドライ

髪のダメージのことを考えると、ドライヤーを使う時間はできるだけ短くするのが理想的です。そのためには、まずドライヤーを使う前の段階でしっかりと髪の水分を取り除いておく必要があります。大きめのタオルを使って両手で濡れた髪を挟むようにして、髪の水分をタオルに吸わせましょう。しっかりとタオルドライをしておけば、ドライヤーを使う時間が大幅に短くなるはずです。ただし、タオルドライをする場合には、ゴシゴシと髪をこすってしまうのは厳禁。髪が絡まって切れ毛の原因となってしまうこともあるため、タオルドライは「優しく押さえるように」を必ず守りましょう。

根元から毛先にかけて乾かす

タオルドライをしたらドライヤーの温風で乾かしていきます。髪を乾かすというと、毛先や毛の表面を乾かすことにばかり気を取られてしまいますが、実は、最も大切なのは「根元から乾かす」ということ。頭皮に湿気が残っていると臭いの原因になったり、スタイリングが決まらなかったりします。表面にも根元にもまんべんなく風があたるようにドライヤーを動かしながら乾かし、特に根元部分は前後左右に動かしながら乾かすことで、髪が根元から立ち上がり、ふんわりと仕上がります。

冷風で仕上げる

最後にドライヤーの冷風機能を使うと、スタイリングが長持ちします。私たちの髪というのは、濡れているときや熱が当たっているときには、キューティクルが開いた状態になっていて、そのままではキューティクルの隙間から髪内部の水分や栄養分がどんどん失われてしまいます。水分や栄養分が逃げてしまった髪というのは乾燥してしまい、切れ毛や絡まりの原因になることも。それを防ぐためには、ドライヤーで髪を乾かす際に、仕上げに必ず冷風を当てて髪をしっかりと冷まし、キューティクルを閉じることが大切です。

ドライヤーの上手な使い方

ドライヤーの基本的な使い方を覚えたら、次はスタイリングの仕上がりを格段に良くする、大切なポイントをおさえておきましょう。

ドライヤーをこまめに動かしながら乾かす

近頃のドライヤーは髪のダメージに考慮したものがほとんどですが、それでも髪に直接熱を当てるというのは、髪にとって決して良いことではありません。では、ドライヤーの熱によるダメージを軽減するためにはどうしたら良いのでしょうか。大切なのは、熱を一箇所に集中して当て続けないこと。ドライヤーを使う際には、本体を小刻みに揺らし、ドライヤーの熱を拡散させながら乾かしましょう。

スタイルごとに風の当たる向きを変える

どんな髪型に仕上げたいのかによって、ドライヤーの風を当てる向きや順番は異なります。例えば、ボリュームを抑えたストレートスタイルに仕上げたい場合は、ドライヤーを持っている反対の手を使って、髪を下方向に引っ張りながら、上からドライヤーをあてていくなど、希望のスタイリングに合ったドライヤーの当て方を、美容師さんに相談するのもおすすめです。

スタイリング剤をつけてから乾かす

ドライヤーを使う前のスタイリング剤の使用には、綺麗にスタイリングを仕上げるだけでなく、髪のダメージを軽減する効果もあります。おすすめはオイル系のスタイリング剤。髪にオイルの皮膜を作ることができるため、艶のある指通りのなめらかな髪に仕上げることが可能です。

スタイリングをきれいに仕上げるためには、ドライヤー選びも重要なポイントです。自分で扱いやすい軽量なものや、十分な風量があるもの。イオン機能の付いたものなどドライヤー選びにこだわってみてはいかがでしょうか。

ドライヤー一覧はこちら