冬に備えて知っておきたい!髪の毛の静電気防止方法

寒くなってきて空気が乾燥し始めると気になる静電気。外出先でしつこく髪が顔にまとわりついたり、広がったりして手に負えなくなってしまった経験がある方も多いでしょう。髪に起きる静電気は不快なだけでなく、そのまま放置しておくと切れ毛や抜け毛の原因になってしまうこともあり、早めの対処が必要です。そこで今回は、髪に静電気が起きる原因とその対策について詳しく解説します。

静電気の原因

髪に静電気がたまると、髪の毛がボサボサに広がってしまったり、顔にまとわりついたりして大変不快なもの……。特に冬場は髪がまとまりにくく、毎朝のスタイリングに悪戦苦闘してしまうこともありますね。では、なぜ髪に静電気が起きるのでしょうか。その主な原因として考えられるのが「乾燥」と「髪の傷み」です。冬場など空気が乾燥している季節は、ちょっとしたことでパチパチと静電気が発生します。ブラシの素材などによっては、髪をとかすだけで静電気が起きて髪が広がって手に負えなくなってしまうことも……。また、髪が傷んでキューティクルが剥がれ落ちた髪は、水分が流出してパサパサに乾燥した状態になっています。髪自体の乾燥もまた静電気の原因のひとつで、傷んで乾燥した髪同士が擦れ合うことで、静電気が発生するのです。

静電気を防ぐ方法

髪の静電気はそのままにしておくと、髪が広がって不快なだけでなく、切れ毛や抜け毛などダメージヘアの原因にもなります。寒くなって空気が乾燥し始める冬場は特に、静電気への気配りが必要でしょう。では、どうすれば静電気を防ぐことができるのでしょうか。

加湿器を利用して空気の乾燥を防ぐ

冬場の静電気対策は、いかに空気を乾燥させないかがポイントです。暖房などを使うと室内の空気は大変乾燥しますので、加湿器を上手に使って空気に潤いをプラスしましょう。

静電気を帯びやすい服を着ない

ポリエステル、ナイロン、ウールのように静電気が帯びやすい服を着ないようにするのも心がけたい点です。冬場などでウールのセーターなどを着用する場合には、木綿や麻、シルク、皮といった静電気が起きにくい素材を上手に組み合わせると良いでしょう。

洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)を使用する

髪の静電気を防ぐためにできる即効性の方法がこれです。洗い流さないトリートメントなどを使うことで、髪に潤いを与えて、静電気の原因となる乾燥を防ぐことができます。

静電気が起きにくいヘアブラシを使う

静電気を防ぐためには、ヘアケアの際に使うヘアブラシの素材にも注意しましょう。豚毛や天然毛、木製素材のヘアブラシは、比較的静電気が起きにくく、反対にプラスチック製のヘアブラシは静電気が起きやすいと言われています。

イオン機能のドライヤーを使う

イオン機能のドライヤーを使うことで、髪に帯びている電気のバランスを整えることができるため、静電気が発生しにくい髪になります。

クレイツでもイオン機能の研究開発を行なっています。まずは上記の内容を参考にした上で、ぜひ一度ホームページをご覧ください。