雨の日の広がりに負けない!髪の湿気対策

雨の日には髪のうねりや広がりが、いつも以上に気になってしまうものです。思うようにスタイリングができなかったり、お出かけ前にしっかりセットしたはずの髪が長持ちしなかったりで、気分が滅入ってしまう方も多いのでは? そもそも、なぜ雨の日には髪がまとまりにくくなってしまうのでしょうか。その原因と対策、雨の日のスタイリングのコツを詳しく解説していきます。

湿気で髪が広がってしまう理由

雨の日や夏のジメジメした日に湿気で髪が広がってしまう一番の原因は、髪のダメージです。ダメージを受けて傷んだ髪というのは、髪の表面を覆うキューティクルが剥がれ、コルテックスがむき出しの状態になっています。コルテックスというのは髪の水分や栄養分を守るためのタンパク質ですので、それがむき出しになってしまうことで、髪の内部の水分や栄養はどんどん失われてしまうのです。その結果、髪はスカスカに乾燥した状態になってしまい、健康な髪と比べると湿気を吸収しやすくなってしまいます。健康な部分の髪とダメージを受けている髪との水分バランスが崩れることで、髪の広がりやうねりが起きてしまうのです。

髪の湿気対策

湿気があると、髪がうねったり広がったりして思うように髪がまとまらず、ついついイライラしてしまうことも……。雨の日や夏のジメジメした日でも、湿度に左右されずサラサラの髪を手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか。最も大切なことは、髪のコンディションを整えること。傷んだ髪をケアすることによって、湿気によるうねりや広がりを軽減できます。ダメージケアの効果が高いシャンプーやトリートメント、アウトバストリートメントなどを上手に利用して、キューティクルやコルテックスの形成を促していきましょう。傷みが進行している髪のケアはある程度の時間をかける必要があります。湿度の高い日の応急処置だけでは事足りず、日頃からしっかりとケアしておくようにしましょう。また、お出かけ前の簡単な応急処置としては、洗い流さないタイプのトリートメントおすすめ。湿気で広がってしまった髪をまとまりやすくしてくれます。ドライヤーを使って髪をブローする場合には、あらかじめうねりが出る部分の髪の根元をしっかりと濡らし、髪の斜め上からドライヤーを当てながら髪にテンションをかけて髪を乾かすことで、うねりを抑えた髪に仕上がるはずです。

雨の日の間違ったスタイリング

湿気で髪の広がりが気になる際に、へアイロンでスタイリングすればなんとかなるだろう……と思ってしまう人もいるかもしれません。しかしながらこれは大きな間違い。髪のまとまりを良くしようとしたり、髪をまっすぐにしようとしたりして、ヘアアイロンの間違った使い方をしてしまうと、かえって髪にダメージを与えてしまうこともあります。特に、濡れた状態の髪にヘアアイロンをあてると、髪の水分が一気に蒸発し、髪が傷んでしまうだけでなく、高温になった蒸気でやけどするケースもあり、大変危険です。
まずは、ヘアドライヤーを使ってしっかり髪を乾かしましょう。その後、ヘアブラシで、髪の内側、外側と丁寧にブラッシングして毛流れを整えます。また、アイロンをあてる前に毛束をきっちりブロッキングし、毛束を掴みやすい状態にしてからスタイリングを始めます。そうすれば手早く、髪に負荷をかけずにスタイリングすることが可能です。

雨の日のスタイリングにも便利なヘアアイロンですが、間違った使い方をすると、かえって髪を傷めてしまうこともあります。まずは上記の内容を参考にして、雨の日のうねりや広がりを抑える湿気対策やヘアケア方法、ヘアアイロンの正しい使用方法を心がけましょう。