キレイなロングヘアを保つために知っておきたいケア

子どもの頃、風にサラサラとなびく美しいロングヘアに憧れた女性は多いのでは? でも実際には、キレイなロングヘアを保つためには、日々のお手入れとケアが不可欠です。せっかく時間をかけて伸ばした髪が、切れ毛や枝毛だらけでパサパサ! なんてことにならないためにも、正しいお手入れの方法をしっかりと身につけておきましょう。

ロングヘアの天敵

美しいロングヘアを維持するためには、毎日きちんとお手入れをする必要があります。ロングヘアというのは、おそらく意識している以上に髪や頭皮にダメージを受けやすいものです。特に下記については改めて再認識してみましょう。

髪の摩擦

髪にとって摩擦は大きなダメージの原因となるものですが、ロングヘアの場合は髪が長い分だけ他の長さと比べても髪が絡まりやすいため、摩擦が起こりやすくなってしまいます。特に、夜眠っている間は寝返りを打つたびに枕や体に挟まれてしまうため、注意が必要です。

頭皮のダメージ

髪が長ければ長いほどその重さは増していきます。そのため、ロングヘアは他の長さに比べて頭皮にかかる負担が大きくなりダメージの原因となるのです。また、シャンプーの際にもロングヘアは髪の量が多いため、頭皮をしっかりと洗いにくいというデメリットがあります。頭皮に汚れや皮脂が残ってしまうと抜け毛や髪の痛みの原因となってしまうこともあり、こちらも注意が必要です。

ロングヘアに必要なケア

では、健康で美しいロングヘアを維持するためには、どのような点に気をつけて日頃のお手入れを行えば良いのでしょうか。ロングヘアに必要なケアを詳しく見ていきましょう。

トリートメント

髪の摩擦を抑えるためには、髪の表面に潤いをプラスして乾燥を防ぐことが大切です。洗い流さないタイプのトリートメントには傷んだ髪の修復を促す効果もあるため、ドライヤーで髪を乾かす前や、眠る前などに使って髪を保護しましょう。

寝る前の摩擦対策

ロングヘアは髪が長い分眠っている間に摩擦のダメージを受けやすくなってしまいます。それを防ぐためにも、シャンプー後には髪をしっかりと乾かして、ブラッシングで絡まりをとっておくことが大切です。また、髪をおろしたまま眠ると枕や体に挟まったりして摩擦が生じるだけでなく切れ毛の原因にもなってしまうため、眠るときには髪をゆるく束ねるようにしましょう。

頭皮マッサージ

ロングヘアは他の長さに比べて髪が重たくなる分、頭皮がダメージを受けやすくなっています。意識的にブラッシングで頭皮をマッサージすることで血行を改善し、健康で美しい髪が育つように促しましょう。また、ブラッシングによるマッサージには頭皮の汚れを落とす効果もあります。朝起きたとき、シャンプー前、眠る前にできるだけ時間をかけて丁寧にブラッシングをしましょう。

ロングヘアのスタイリングで注意すること

ロングヘアはさまざまなスタイリングが楽しめるのも魅力のひとつです。ただし、スタイリングの方法を間違えてしまうと、髪にとって負担となってしまうことも。ロングヘアのスタイリングの基本は、まずブラシでしっかりと毛流れを整えておくこと。ブラッシングはいきなり根元からスタートするのではなく、毛先の絡みを丁寧にとってから根元へ行くように気をつけましょう。また、ヘアアイロンなどを使う場合にも、できるだけダメージに考慮した髪に優しいタイプのものを選ぶことも大切です。

クレイツではロングヘア用のアイテムを豊富に揃えております。ぜひ一度ホームページをご覧ください。