ふんわりシルエットでツヤ感を重視したナチュラルなAラインボブ

ヘアアレンジ方法

1.ブラッシング

コテで髪を巻く前に、ヘアブラシを使って、髪の内側・外側を丁寧にブラッシングし、髪のもつれをほどき、毛流れを整えます。
(事前にブラッシングを行う事で、ヘアアイロン後の仕上がりのクオリティが向上します)

2.左後ろ下段を平巻きにする


※「平巻き」とは、コテ(ヘアアイロン)を地面と平行に巻く事をいいます。

1.耳の後ろから前後に分け、後ろ側の毛束は、更に上下2分割に分けブロッキングします。
2.下段の後ろ側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

3.左前下段を平巻きにする

下段の顔側に分けた方の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

4.左後ろ上段を平巻きにする

1で上段にとめていたクリップをはずし、前後2つに分けます。
前後に分けた後ろ側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

5.左前上段を平巻きにする

4で分けた前側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

6.右後ろ下段を平巻きにする

1.左側と同様に、耳の後ろから前後に分け、後ろ側の毛束は、更に上下2分割に分けブロッキングします。
2.下段の後ろ側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

7.右前下段を平巻きにする

下段の顔側に分けた方の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

8.右後ろ上段を平巻きにする

7で上段にとめていたクリップをはずし、前後2つに分けます。
前後に分けた後ろ側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

9.右前上段を平巻きにする

8で分けた前側の毛束をとり、コテ(カールアイロン)で毛束の内側、中間部分から挟み、反対の手で、アイロンのクールチップに手を添え安定させます。
そのまま、毛先の方までコテを滑らせます。毛先まで滑らせたら、内巻きに巻き上げ、ゆっくりとアイロンを外していきます。

10.後ろ髪を巻く

手が届きにくい後ろ側の髪は、毛束を根元から上に持ち上げ、毛束の中間部分からアイロンで挟み、反対の手をクールチップに添えてから、アイロンを毛先まで滑らせます。
毛先から、毛束の中間部まで内側に巻き込み、ゆっくりとアイロンを外していきます。

11.前髪を巻く

前髪を引出し、床と平行にコテで挟みます。反対の手をアイロンのクールチップに添え、安定させ、前方に向かって回転させながら、流したい方向にスライドさせながら抜いていきます。
(※前髪が多い方は、前髪を上下2つに分け、下の方から先に2回巻いて下さい)

12.巻き終わった後ほぐす。

全ての髪を巻き終わった後は、両手で、髪の毛先を揉み込むようにほぐし、なじませます。

今回のヘアアレンジに使用したコテ(カールアイロン)はこちら