ボブでもできる!くるりんぱで“こなれ”ヘアアレンジ


ヘアアレンジはミディアムより長くないと出来ない!! なんて、お考えではないですか?

今回は、ボブヘアでも出来る くるりんぱヘアアレンジをご紹介します!ニュアンス感じるアレンジで、抜け感もこなれ感も手に入れちゃいましょう♡

・・・・・

◆目次◆

○ヘアアレンジの前に…
1.アイロンを使って波巻きをする
2.上半分の髪をくるりんぱハーフアップに
3.髪を引きだす
4.くるりんぱにポニーフックを付ける
5.おくれ毛を残しつつお団子を作る
6.結び目にバレッタを付ける
7.おくれ毛を波巻きに
8.こなれ髪のポイント
9.動画を見ながら練習してみる!

・・・・・

○ヘアアレンジの前に…


▶スタイリング前
肩につくロングボブ(ロブ)。巻き髪だけでも可愛く仕上がりますが、アレンジをプラスすることでワンランク上の仕上がりに♡

▶準備するもの①ヘアアイロン
ヘアアレンジの前に巻き髪を行うことで、扱いやすい髪に! 今回は、初心者の方にも使いやすいアイロン(ストレートアイロン)を用いて波ウェーブ巻きを全体に行います。

▶準備するもの②ナイロンゴム
しっかり髪を結ぶために、ナイロン製のヘアゴムを使います。ヘアカラーに合わせた色、もしくは透明のナイロンゴムを使うと◎

▶準備するもの③ヘアアクセ
今回は、ゴム部分を隠すためにポニーフックとバレッタ、2つのヘアアクセを用います。

・・・・・

1.アイロンを使って波巻きをする


まずは、ヘアアレンジのベースとなる波ウェーブ巻きを髪にほどこします。内巻きと外巻きを交互に繰り返しながら、毛先までしっかり巻き上げましょう。特に、
髪の表面はしっかり波巻きすることで、こなれ感が出やすくなりますよ♡

Point! ▶ 巻きにくい場合は、髪を上下にブロキングして波巻きしても◎

・・・・・

2.上半分の髪をくるりんぱハーフアップに


上半分の髪で、くるりんぱハーフアップを作ります。耳から上を目安に手ぐしで髪をまとめ、結びます。結んだ後に、結び目の上部分の髪にスキマを開け、くるりんぱを作ります。

Point! ▶ くるりんぱの仕上げに、毛先を左右にひっぱると◎

・・・・・

3.髪を引きだす


くるりんぱの結び目を抑えながら、後頭部とくるりんぱの髪を引き出します。放射状に、細かく髪を引き出すことで頭の形がキレイに かつバランス良く仕上がりますよ♡

Point! ▶ くるりんぱの隙間を埋めるようにしっかりほぐしましょう♪

・・・・・

4.くるりんぱにポニーフックを付ける


ゴム部分を隠すために、くるりんぱの結び目にポニーフックを付けます。

Point! ▶ もう1つのヘアアクセ(バレッタ)とのバランスを考え、小さめサイズがベスト!

・・・・・

5.おくれ毛を残しつつお団子を作る


残った下半分の髪と、くるりんぱハーフアップの毛先をまとめてお団子を作ります。

この際、「顔周り」と「みつえり(耳の後ろ付近)」におくれ毛を残しましょう! おくれ毛を出し過ぎるとだらしない印象になりますので、” 一筋だけ ”引き出すように意識すると◎


おくれ毛を取った後は、低めの位置でお団子を作ります。仕上げに、お団子を引き裂くようにボリュームを出すとくるりんぱとのバランスも取れますよ♪

Point! ▶耳を隠すように髪をまとめると、こなれ感がさらにアップ♡

・・・・・

6. お団子にバレッタを付ける


ゴム部分を隠すために、お団子の結び目部分にバレッタを付けましょう。

Point! ▶ ヘアクリップで代用しても可愛らしく仕上がりますよ♡

・・・・・

7.おくれ毛を波巻きに


完成まであと一歩! おくれ毛もウェーブ巻きします。内巻きからスタートし、毛先までしっかり巻き上げましょう。

Point! ▶ 耳の近くになりますので、挟まないようご注意を!

・・・・・

8.こなれ髪のポイント


▶ベースの巻き髪を波ウェーブにすることで、ニュアンス感じるヘアアレンジに!
▶お団子を作るときは耳を隠すように髪をまとめると、こなれ感がさらにアップします♪
▶おくれ毛のバランスと巻き具合が最重要! 顔周りとみつえり(耳後ろ)に、浮遊感をプラスしましょう♡

・・・・・

9.動画を見ながら練習してみる!


■【ニュアンスヘアアレンジ】土田瑠美(つちだるみ)監修「ボブでもできる!くるりんぱで“こなれ”ヘアアレンジ」
・・・・・

■今回使用したアイロンはこちら

こなれヘアアレンジのパイオニアRUMI(土田 瑠美)さんプロデュース! ニュアンスウェーブ(波巻き・ウェーブ巻き)に特化した、ヘアアレンジ専用アイロン

・・・・・