髪がパサパサになってしまう原因とは

艶やかで潤いのある髪は、顔の印象をぐっと明るく若くみせてくれます。反対に髪が乾燥してパサついていると、それだけで実際の年齢よりも老けて見られてしまうことも……。髪のコンディションは私たちの印象を左右する重要な部分ですから、常に良い状態でいられるように意識したいものです。そこで今回は、髪の悩みの代表格でもある「パサつき」について、その原因と対処法を詳しく解説していきます。

髪がパサパサになる原因

髪がパサパサしてしまうのは、髪の表面を覆うキューティクルがダメージを受けて、そのダメージにより、髪内部の水分が奪われてしまっていることが主な原因です。では、キューティクルはどのようなことでダメージを受けるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

カラーやパーマを繰り返す

カラーやパーマに使う薬剤は、どちらも髪の内部にまで浸透させて使うという特徴があります。無理にキューティクルを開けてしまうため、大きなダメージを受けてしまうのです。

シャンプーの刺激

シャンプーは髪や頭皮の汚れやホコリを効率的に落としてくれますが、その一方でシャンプーの仕方が乱暴だと摩擦によってキューティクルがはがれシャンプーの刺激が負担になってしまうことも。特に髪が濡れているときは傷みやすいので、優しくシャンプーの泡で包み込むようにして洗いましょう。

紫外線

長時間髪に紫外線が当たった状態だと、キューティクルの表面にある脂質が奪われて、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。特に紫外線の強い夏場は、髪用のUVカットスプレーや帽子などを利用して紫外線のダメージを軽減しましょう。

乾燥

髪が乾燥するとブラッシングの際に静電気が起き、髪が絡まってキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

摩擦

髪に摩擦が生じるとキューティクルがはがれてしまうことも……。ブラッシングはもちろん、髪を洗うとき、乾かすときなどもできるだけ摩擦が起きないように丁寧に行いましょう。

すぐにできる応急処置

キューティクルが傷ついて髪がパサパサになってしまった場合には、できるだけ早く応急処置をすることが大切です。おすすめは、「アウトバストリートメント」と呼ばれるヘアオイルを髪に塗ってあげること。アウトバストリートメントはその名の通り、お風呂上がりに使うトリートメントのことで、一般的には洗い流しが不要です。オイル、クリーム、ジェル、スプレーなどさまざまなタイプがあって、それぞれに効果が異なります。髪のパサつきが気になる場合には、髪の表面をしっかりとコーティングして水分を閉じ込めてくれる「オイルタイプ」を使うと良いでしょう。

予防するための注意点

髪のパサツキを予防するためには、キューティクルを保護してくれるシャンプーやコンディショナーなど、ヘアケア製品にこだわったり、スタイリング用品を正しく使ったりすることが大切です。また、毎日のスタイリングに欠かせないドライヤーやヘアアイロンも、髪に優しいタイプのものを選び、使い方に気をつけることで、髪のダメージを大幅に軽減することができます。

クレイツでは髪のダメージに考慮したドライヤーやヘアアイロンも豊富に揃っています。詳しくは、ぜひ一度ホームページをご覧ください。