パーマとアイロンどっちが良いの?双方のメリット

気分転換をしたいときや新しいファッションに挑戦したいときには、ヘアスタイルも一緒に変えたいですよね。普段ストレートヘアの方であれば、髪を巻いてみるだけでガラリと華やかにイメージを変えることができます。そのときに、パーマとヘアアイロンではどちらが良いの? と悩む方もいるでしょう。今回は、パーマとヘアアイロンについて、それぞれのメリットを詳しく紹介します。

パーマのメリット

美容院で行うパーマには、ヘアアイロンと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

日々のセットが楽になる

パーマの魅力は、カールやウェーブなど好みに合わせたスタイリングに仕上げられること。専用の薬剤や熱によって髪に浸透させることで形がしっかりとつくため、シャンプーをしてもストレートに戻ることはなく、パーマをかけた翌日も美容院帰りのスタイリングを再現できます。毎朝のヘアセットにできるだけ時間をかけたくないという方にとって、パーマの手軽さは非常に大きな魅力です。

施術の種類によってはダメージが少ない

機械を使って髪に熱を当てることをしない「クリープパーマ」や、中温の熱を使う「エアウェーブ」など、パーマの種類によっては髪へのダメージを比較的軽減することができます。ただし、弱めのパーマによっては形が取れやすかったり、思ったようなスタイリングに仕上がらなかったりすることも……。くっきりと強めのカールをつけようとすると、髪へのダメージが大きくなるというのが一般的です。

ヘアアイロンのメリット

自宅で手軽に巻き髪やカールヘアを作ることができるヘアアイロンには、パーマと比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

カール感を好みに調整できる

ヘアアイロンのコテにはさまざまな太さがあるため、髪の長さに合わせて使い分けをすることが可能です。コテを髪に当てている時間や太さによっても、カールのつき方やウェーブの形が変わってくるため、その日の洋服に合わせたお好みのカール感を出すことができます。

アイロンを使う頻度を制限すればダメージが少ない

ヘアアイロンもパーマと同じように熱でカールをつけますが、ヘアアイロンは薬剤を使用しない分だけ、髪への負担が少ないと言えるでしょう。ヘアアイロンを使用する頻度や使い方に気をつけていれば、パーマよりもダメージを軽減することも可能です。

TPOに合わせてスタイルチェンジがしやすい

パーマは一度かけると自分でストレートに戻すことはできませんが、ヘアアイロンでつけたカールやウェーブは髪を洗うと元に戻るため、その日の気分やTPOに合わせてストレートヘアや巻き髪スタイルを変えることができます。

近頃では、毎日のヘアスタイルを手軽に変えられる利便性から、ヘアアイロンの需要が高くなっています。上記の内容を参考にした上で、ぜひヘアアイロンを検討してみてはいかがでしょうか。

アイロン一覧のページはこちら