ロールブラシアイロンの太さを徹底比較!お好みのカールはどれ?

ヤケドの心配が少なく、カンタンに使える「ロールブラシアイロン」。

アイロンやコテを使ったことの無い初心者の方にも、オススメのスタイリングツールですが「どの太さを選べば良いのか分からない…」といったお悩みも、多く寄せられています。

そこで今回は
髪の長さ別に、最適なロールブラシアイロンの太さをご紹介して参ります!
こちらの記事を参考に、ピッタリなロールブラシアイロンをお求め下さいね♡

〈目 次〉

◆選ぶ前の基礎知識① ヤケドしにくいって言うけど…本当??
◆選ぶ前の基礎知識② ○mmって言うけど…どこの太さなの?
◆選ぶ前の基礎知識③ コテ(カールアイロン)の巻き具合とどう違うの??
◆ロールブラシアイロン18mm・26mm・32mmの巻きイメージ比較
◆耳あたりのショート~あご下までのボブヘアが選ぶ太さ
◆肩ぐらいのロングボブ~鎖骨ぐらいのミディアムヘアが選ぶ太さ
◆鎖骨から胸下までのロングヘアが選ぶ太さ
◆ロールブラシアイロンなら前髪だって簡単スタイリング♡
◆トップのボリュームアップもロールブラシアイロンで手軽に♡

◆選ぶ前の基礎知識① ヤケドしにくいって言うけど…本当??

ロールブラシアイロンは、ブラシの根元部分にのみ熱が通る仕組みのため
ブラシ部分に顔や手が触れても、ヤケドの心配がほとんどありません!

↑発熱する根元部分(赤色部分)をブラシのピンが覆っているため安全性が高い

いわゆる「くるくるドライヤー」にそっくりな形ですが
あくまでも「ヘアアイロン」ですので
くるくるドライヤーよりもキープ力のある、しっかりしたカールが作れちゃいます☆

コテ(カールアイロン)が上手く使えないという方にも
アイロン初心者の方にも、手軽にご使用いただけるスタイリングツールとなります。

◆選ぶ前の基礎知識② ○mmって言うけど…どこの太さなの?

ロールブラシアイロンの18mm・26mm・32mmというサイズ表記は
ブラシ部分の内径の太さを表しています。

ブラシ部分を含めた太さではありませんので、ご注意下さいね☆

◆選ぶ前の基礎知識③ コテ(カールアイロン)の巻き具合とどう違うの??

実際に、コテ(カールアイロン)との巻き具合の違いを比較してみましょう!

■コテ26mmとロールブラシアイロン18mmの比較


        コテ26mm            ロールブラシアイロン18mm

☆コテ26mmを使った、細めカールのメリハリスタイルは
ロールブラシアイロン18mmで似た質感を出すことができます。

■コテ32mmとロールブラシアイロン26mmの比較


        コテ32mm            ロールブラシアイロン26mm

☆コテ32mmで作るゆるふわスタイルは、ロールブラシ26mmで再現が出来ます♡

■コテ38mmとロールブラシアイロン32mmの比較


        コテ38mm            ロールブラシアイロン32mm

☆コテ38mmで仕上げたやわらかな巻き味は、ロールブラシ32mmでも実現可能です♪

ポイントとして、コテ派(カールアイロン派)の方が、ロールブラシ型アイロンを使う場合は、普段使用しているコテの太さより「ワンサイズ細め」を選ぶと、同じ位のカール感が再現できます。

◆「ロールブラシアイロン18mm・26mm・32mmの巻きイメージ比較


 18mm     26mm      32mm

☆髪の同じ部分を、同じ巻き方で巻いたイメージ比較になります。
同じ巻き方でも、ロールブラシアイロンの太さによって
出来上がるカールが全く違ってきますね。

★ロールブラシアイロンは「今の髪の長さ」で太さをチョイス!
さて、ロールブラシアイロンの基本的な知識が備わったところで
本題の、太さ選びに参りましょう!

ロールブラシアイロンはズバり、「今の髪の長さ」で選ぶことが
ポイントになります。

◆耳あたりのショート~あご下までのボブヘアが選ぶ太さ

「18mm」がオススメです!

26mmや32mmを選んだ場合、内径が太いあまり
うまく髪を巻き込めなかったり、カール感が出にくい可能性があります。

ロールブラシアイロン18mmを選ぶことで、毛流れを整えるのはモチロン
毛先を内巻きにするナチュラルで可愛らしいスタイルを作る事が出来ます。

コラム:柔らかい丸みの質感カールが可愛い毛先内巻きのシフォンボブ

☆購入はこちら☆
ロールブラシアイロンII 18mm

◆肩ぐらいのロングボブ~鎖骨ぐらいのミディアムヘアが選ぶ太さ

ぜひ「26mm」をお選び下さい♡

全体的な髪の長さに合わせ、巻き付ける髪の量も多くなるため
18mmだと細かく毛束を取る必要があり、スタイリングに時間がかかることも…
また32mmを選んだ場合、うまく髪を巻き込めない・カール感が出にくい可能性があります。

ロールブラシアイロン26mmを使用することで、伸ばしかけの髪でも
束感のある巻き髪スタイルが実現できます!

コラム:優しい質感と自然な動きを与えたフォワードタッチの束感カール

☆購入はこちら☆
ロールブラシアイロンII 26mm 

◆鎖骨から胸下までのロングヘアが選ぶ太さ

「32mm」がベストです☆

髪の長さはもちろん、巻き付ける髪の量も多くなるため
18mmや26mmだと細かく毛束を取る必要があり、スタイリングに時間がかかることも…
また、18mmや26mmだと毛束を細かく取る分、細かなカールに仕上がるため
少し古いヘアスタイルになる恐れも!

ロールブラシアイロン32mmを使うことで、やわらかで動きのある
ニュアンスカールが叶います!

コラム:ツヤやかな黒髪に映える胸元で動きを出したミックスカール

☆購入はこちら☆
ロールブラシアイロンII 32mm

◆ロールブラシアイロンなら前髪だって簡単スタイリング♡

コテ(カールアイロン)やアイロン(ストレートアイロン)じゃ
前髪がうまくスタイリングできない!ヤケドしそうで怖い!
そんなお悩みありませんか?

ロールブラシ型アイロンを使えば
ふんわり前髪も、流し前髪もカンタンにスタイリング出来ちゃいます!

おでこやこめかみにロールブラシアイロンがぶつかっても
ヤケドの心配が無いため、安心して前髪のスタイリングが出来ますよ☆

◆トップのボリュームアップもロールブラシアイロンで手軽に♡

ボリュームのない、ぺたんこなトップだと
メイクやヘアスタイリングを頑張っても、なんだか老け見え…

そんな問題も、ロールブラシアイロンで解決出来ます!

つむじ付近の毛束を前方に傾けながら、ロールブラシアイロンを後ろから巻きつけることで手軽にボリュームアップが出来ちゃいます☆

========================-

ご自分の髪の長さで選ぶことが重要となってくる、ロールブラシアイロン。

基本的な使い方も、別のコラムで丁寧に解説しておりますので
ぜひ参考にして下さいね☆

■関連記事

初心者&コテ派が戸惑うロールブラシアイロンの使い方徹底レクチャー

コテの太さ徹底比較!26mm・32mm・38mm理想のカールはどれ?