海外でも使えるヘアアイロンはどう選ぶ?

毎日のスタイリングに欠かせないヘアアイロンは、旅行先にも持っていきたいアイテム。日本国内であれば、いつも使っているヘアアイロンをそのまま持っていけばいいのですが、海外旅行の場合には注意が必要です。そこで今回は、海外にヘアアイロンを持っていく場合の注意点について、詳しく解説していきます。

海外で普段のヘアアイロンは使えるの?

海辺のリゾート地や映画に登場するような古い街並み……。開放感と異国情緒を思いきり楽しむことができる海外旅行では、いつも以上にお洒落にもこだわりたいもの。きちんと感のあるアップスタイルから、華やかな巻き髪スタイルまで、ヘアアイロンがあれば旅先でも手軽にヘアアレンジを楽しむことができます。
では、いつも使っているヘアアイロンを海外で使うことはできるのでしょうか。実は、海外には日本と電圧が異なる国が多くあるため、必ずしもすべての国で使用できるというわけではありません。日本の電圧は100Vですが、世界の電圧は100V~240Vと国によってさまざまです。電圧の異なる国で日本のヘアアイロンを使用してしまうと、故障や誤作動を起こして大変危険ですので、海外旅行前には必ずその国の電圧を確認するようにしましょう。また、電圧が同じ場合でもコンセントの形状が異なると使用できませんので、こちらも合わせて確認が必要です。

海外の電圧に対応しているか確認する方法

日本で使用しているヘアアイロンが旅行先の国の電圧に対応しているかどうかを確認するにはどうしたら良いのでしょうか。まず、お手持ちのヘアアイロン本体に記載されているボルト数を確認しましょう。製品によっては、50/60HZ、300Wなどさまざまな数字が記載されていて分かりにくいものもありますが、ボルト数の確認で見るべき部分はアルファベットの「V」が付いている数字です。100-240Vというような記載がある場合には、100Vから240Vまでの電圧に対応しているという意味ですので、ほとんどの国で使用可能ということになります。一方、100Vと記載されていた場合には、100Vの電圧の国でしか使うことができません。

海外でヘアアイロンを使うためには

では、ヘアアイロンを海外旅行先で使用する場合にはどうしたら良いのでしょうか。

変換プラグを買う

旅行先の電圧は100Vだけれど、電源プラグの形状が異なるという場合には、その国のコンセントの形状に対応している変換プラグを購入しましょう。ただし、電圧が100Vの国は世界でも稀で、残念ながらほとんどありません。

海外兼用ヘアアイロンを買う

思い切って海外の電圧に対応しているヘアアイロンを購入するというのも方法のひとつです。「100-240V」と記載されているものを購入すれば、海外のほとんどの国で使うことができます。ただし、その際にもコンセントの形状を一致させる必要があります。
また一般的に、電圧の違う電化製品を海外で使う場合、変圧器を購入するという方法もありますが、ヘアアイロンに変圧器を使用すると温度調整機能に対応していないことが多く故障の原因となるため、避けた方が無難だといえるでしょう。

クレイツでは、ヘアアイロンやホットカーラーなど、海外で使用できる製品を多数取り扱っております。海外旅行に持参するためのヘアアイロンを選ぶ際には、海外兼用モデルをご覧ください。

海外兼用モデル一覧はこちら