海外旅行に便利♪海外対応ドライヤー・コテ・アイロンの見分け方

「旅行先でも、お気に入りのドライヤーやコテ・アイロンを使いたい! でも、いま持っている商品が海外で使えるのか分からない…」

旅行シーズンになると、多く寄せられるこの質問… 実は、カンタンな見分け方がある事 ご存じでしたか?

今回は、海外対応(海外兼用)商品の見分け方と共に、おすすめの使用シーンもあわせてご紹介して参ります!

旅行の持ち物準備にお悩みの方も、海外対応商品を検討中の方もぜひご参考下さい♪

・・・・・

◆目次◆

1.そもそも 日本の家電を海外で使用する際の見分けるポイントは?
2.海外対応ドライヤーの見分け方
3.海外対応のコテ・アイロンの見分け方
4.変圧器は必要? 変換プラグって何?
5.飛行機内への持ち込みは?
6.海外対応じゃないドライヤー/アイロンを海外で使うと どうなる…?
7.海外対応ドライヤーがあると、こんな時に便利!
8.海外対応のコテ・アイロンは、こんな時におすすめ!

・・・・・

1.そもそも 日本の家電を海外で使用する際の見分けるポイントは?

ドライヤーやコテ・アイロンをはじめ、家電には様々な表記が本体や説明書に記載されています。

①製造元(メーカー名)
②電源・電圧(VAC/ボルト)
③ヘルツ(Hz/周波数)
④ワット(W/消費電力)
⑤製品型番

海外対応(海外兼用)商品を見分けるにあたり、必要な情報は
②電源・電圧(VAC/ボルト)の表記となります!

こちらを元に、海外対応のドライヤー・コテ・アイロンを見定めていきましょう!

2.海外対応ドライヤーの見分け方

持ち手の側面や裏側部分にご注目下さい!
電源・電圧が「単相100-230VAC」との表記のあるドライヤーは、海外でご使用頂けます。

その他の見分け方として、同じく持ち手部分に
100V/230Vの電圧切り替えスイッチがある場合も、海外でご使用頂けるサインとなります♪

切り替えを行う際は、硬貨やコインなどを用いて下さいね☆

・・・・・

3.海外対応のコテ・アイロンの見分け方

本体の持ち手裏側や、内側をご確認下さい!

【コテ(カールアイロン)・ロールブラシ型・ブラシ型:持ち手の裏側】

【アイロン(ストレートアイロン)・2Wayアイロン:持ち手内側】

単相100-240VACと記載のある商品は、海外でご使用頂けます。

コテ・アイロンには電圧切り替えスイッチはありません。
海外の電圧に合わせ、内部の部品が電圧変換をしてくれる仕組みになっています♪

・・・・・

4.変圧器は必要?変換プラグって何?

◆変圧器(トランス)とは

電圧を変換する機器のことです。
クレイツの海外対応(海外兼用)商品の場合、変圧器は必要ありません。

◆変換プラグとは

コンセントに差し込む、コードの先についている部分をプラグと呼び海外対応(海外兼用)商品を、実際に国外で使用する際は元々のプラグにかぶせる様に、変換プラグを差し込まなければならない時があります。

日本と同じAタイプ(アメリカンタイプ)の場合は、変換プラグは必要ありませんが
コンセントの形が3口の国や、間隔の広い2口の国の場合は、それぞれの国にあった変換プラグを用意する必要があります。

泊まるホテルや滞在先の情報をもとに、適した変換プラグを用意するか、海外旅行や海外出張が多い方は、「マルチ変換プラグ」と呼ばれる複数種のプラグを兼ね備えたものを用意すると便利ですよ♡

・・・・・

5.飛行機内への持ち込みは?

海外旅行となると、飛行機での移動がほとんど。
アイロンやコテは飛行機内に持ち込めるのか、心配になる方も多いと思いますが、コード付きの商品なら、手荷物でも預け荷物でも、どちらでも持ち込みOKです!

しかし、海外ではスーツケースの雑な扱いや、ロストバゲージ(空港内で発生する荷物紛失)などのトラブルも少なくない話…。
お気に入りの、ドライヤーやコテ・アイロンの破損・紛失が不安な場合は、手荷物で安全に運ぶ方が良いかもしれません。

なお、コードレス型(充電するタイプ)のヘアアイロンの場合は、携帯電話の予備バッテリーなどと同じく、飛行機内に持ち込めないことが多いため 事前に航空会社へ問い合わせましょう!

・・・・・

6.海外対応じゃないドライヤー/アイロンを海外で使ったら?

お客様から寄せられたトラブルや、クレイツスタッフの実体験をご紹介します!

【ケース①】海外対応じゃないドライヤー・コテ・アイロンが壊れてしまった…

日本の一般家庭の電圧(100V)は、世界基準では低めです。

海外で、100Vしか対応していない海外未対応のドライヤー・コテ・アイロンを使用した場合日本とは異なる高い電圧により、内部の部品が壊れ 使えなくなってしまうことがほとんど。

また、仮に使用が出来ても 電圧の影響で設定より高い温度になることもあります。

【ケース②】せっかく変圧器を持って行ったのに、壊れた!

ドライヤー・コテ・アイロンが壊れるばかりか、変圧器まで故障してしまった…といったケースもあります。

熱を発する家電の場合、安定した電圧を保つために、よほど高性能かつ重量のある変圧器ではないと、壊れることがほとんどです。
海外旅行に、そんな重たい変圧器を持って行くのは現実的ではないかと思います。

【ケース③】コンセントが焦げた、部屋の電気が消えた

海外未対応のドライヤー・コテ・アイロンを使ったばかりに 泊まっている部屋のコンセントが黒っぽく焦げてしまったり、部屋全体のブレーカーが落ちてしまった事も…!! 言葉の通じない異国でのトラブルは、楽しいはずの旅行を苦い想い出にしかねません。

故障やトラブルを避けるためにも、海外対応商品を旅のお供にしましょうね♡

・・・・・

“7.海外対応ドライヤーがあると、こんな時に便利!

「ドライヤーなら部屋についているから大丈夫!」といったお考えの方が、大多数かと思いますが、海外対応(海外兼用)ドライヤーがあると、こんな時に便利ですよ♡

◆ビーチリゾートの時に…

永遠の定番であるハワイや、日本からも近いグアムなど
南国リゾートへの旅は、老若男女問わず人気かと思います!

海やプールで楽しんだ後は、部屋のシャワーで髪を洗ってサッパリして… いざ、髪を乾かそうとしたら ホテルのドライヤーの風が思ったよりも弱い…!! これじゃあ、乾かすまでに30分はかかりそう…!!

そんな「まさか」を避けるためにも、風量のしっかりした海外対応ドライヤーがあると、予定でいっぱいの旅行中も、安心出来ますよ♪

◆家族旅行時に…

格安航空券が取りやすくなった昨今では、家族での海外旅行も手が届きやすくなりましたね。

旅先で、明日の準備も終えて いよいよお風呂という時に 洗面台から動かすことの出来ないタイプのドライヤーだったら…!!

さらに、お風呂もトイレも一緒になったユニットバスタイプだったら・・・。ドライヤーを使う人の為に、シャワー待ち・トイレ待ちまでする羽目に…!!

そんな「ユニットバス渋滞」の時、海外対応ドライヤーがあると洗面台以外で髪を乾かすことが出来ますので 小さなお子さんの場合、ソファーやイスに座らせた状態でドライヤーをかけることが出来ます!

お母さんはゆっくりバスタイム、その間にお父さんがお子さんの相手をしつつ髪を乾かす… なんて、旅先でゆとりのある夜を過ごすことが叶いますね♡

・・・・・

8.海外対応のコテ・アイロンは、こんな時におすすめ!

「荷物は出来るだけ減らしたい」のが、海外旅行準備の悩みのひとつではありますが、海外対応(海外兼用)のコテ・アイロンがあると、こんなシーンで活躍してくれますよ♡

◆女子旅に…

気の合う友人達と、写真映えする観光スポット巡りや、民族衣装の試着といったフォトジェニックな体験は、想い出にも残りますよね。

でも、せっかくの「映えるスポット・映える体験」でも ヘアスタイルが地味だったら、残念な写真うつりに…!

海外対応のコテ・アイロンがあると、友人どうしでヘアアレンジをして楽しんだり、おそろいの髪型にしたりと、より思い入れのある写真を撮る事が出来るかと思います☆

◆ワンランク上のホテルやディナーの時に…

せっかくの海外なら、ラグジュアリーなホテルや ちょっとお高めのディナーで、非日常な体験をしてみたいもの…。

そんな時に関わってくるのが「ドレスコード」です。 ホテルやレストランによっては、デニムやスニーカー・ビーチサンダルがNGな場合があります。

ドレスコードを意識して
いつもと違うメイクに加え きれいめのワンピースやパンプスでドレスアップをしたら ヘアスタイルにも、少しは力を入れたいですよね♪

海外対応のコテ・アイロンで、いつもと違うヘアスタイルにすることで 魅力ある雰囲気を演出するのも良いかと思います♡

・・・・・

海外対応商品の見分け方と共に、おすすめの使用シーンをご紹介いたしました。

海外対応のドライヤー・コテ・アイロンを持って行くことで、さらに素敵な旅にしてくれる事と思います!

他にも、ホテルには簡易なクシしか用意されていないことも多いため、ヘアブラシなどを持って行くのもおすすめです♪

◆海外兼用モデル一覧はこちら◆

【関連コラムのご紹介】


◆傷みにくいコテ・アイロンの選び方は?


◆コテやアイロンの熱で髪は傷む? 最適な温度は?


◆髪が傷まない方法ってあるの? 知っておきたい髪が傷む原因!


◆超入門 カールアイロン徹底レクチャー


◆理想のさらツヤ髪に!ストレートアイロンの使い方
【完全マニュアル】


◆初心者&コテ派が戸惑う ロールブラシアイロンの使い方
【徹底レクチャー】


◆美髪への第一歩
ドライヤーの正しい使い方・傷みにくい乾かし方


◆自分に最適なアイロンが分かる!診断チャート

◆全てのコラム一覧へ